貴腐人ですが、もうすぐ老腐人

~をたく腐人のお部屋~

5ch(2ch)のゲームや漫画、アニメ系スレッドのまとめサイトです。
攻略やネタバレ、考察を中心にまとめています。


※ NGワード(主にわいせつ系)を別の単語や記号に置き換えて掲載してあります。
  センスの無い単語ですが、そこは目を瞑っていただければと……。
    スクウェア・エニックス公式ショッピングサイト

    キャラアニ.com

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    楽天市場

    Yahoo!ショッピング

    TSUTAYA オンラインショッピング



    検証

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1673153087/

    スポンサー:
    DVD、CD、ゲーム、本を買うなら TSUTAYA online



    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2023/01/08(日) 13:44:47.71 ID:KbwmnO1w0
    流石にデューオ


    スポンサー:
    キャラアニ.com
    オリジナルグッズやフィギュアならキャラアニ.com



    【ロックマンエグゼ史上最強のラスボス、なんG民の87%が一致する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1671886643/

    スポンサー:
    【TSUTAYA online 通販】TSUTAYA店舗で受取りOK!



    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2022/12/24(土) 21:57:23.14 ID:/kYAPd+n9
     1990年代に一世風靡したマンガ『SLAM DUNK』の映画『THE FIRST SLAM DUNK』が大ヒットしています。

     実に26年ぶりに映像化され、かつてファンだった人が大勢映画館に詰めかけています。原作の色褪せない魅力といまだにこれだけ多くの人を魅了していることに驚かされた人もいるのではないでしょうか。

     近年、かつての人気タイトルをリメイクする動きが盛んです。現在、TVでは『うる星やつら』が放送中ですし、少し前には『SLAM DUNK』と同じく90年代に人気だった『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』も放送され、人気を博しました。来年には、『るろうに剣心』や『TRIGUN』などの再アニメ化も控えています。

     なぜ、このような旧タイトルを再びアニメ化する動きが増えているのでしょうか。そこには、日本社会の人口動態の変化とマーケティング的な事情が関わってると考えられます。

     リメイク企画の増加が何をもたらすのでしょうか、要因と波及効果を考えてみたいと思います。

    ●リメイク企画は固定ファンをベースに新規ファンを上乗せできる企画

     現在の日本のアニメ産業は、TVアニメが1シーズンに60本近く放送され、それに加えて劇場アニメや配信オンリーの作品があるという状況です。ものすごい過当競争にさらされていると言っていいでしょう。

     そのような状況で、新規のタイトルが注目を集めるのは非常に大変ですから、アニメ化前から知名度の高いタイトルが当然有利で、人気マンガを原作にした作品などが注目を集めやすくなっています。認知度の高いタイトルという点で、かつての名作もまた競争に有利な立場にあると言えますから、重宝されるのでしょう。

     また、『SLAM DUNK』は26年ぶりの映像化でしたから、20代や10代の人にとっては新規のタイトルも同然です。それでいて、40代の人にとっては青春時代に読んだ思い出の作品で懐かしさを覚えます。40代には懐かしく、20代・10代には新鮮な作品として売り出せるので、固定のファンをベースに新規ファンを獲得できるのがリメイク企画の、マーケティング的視点での優れたポイントです。

     例えば、『ダイの大冒険』は少年時代にマンガを読んだお父さんとその子供が、親子二世代で楽しんだという感想をSNSでも見かけます。日曜の朝の放送枠だったのもあって、子供と大人両方に訴求することに成功した例と言えるでしょう。

    リメイクアニメ増加は若年層減少も要因?

     リメイク企画の増加は、日本社会の変化の反映でもあります。

     日本は少子高齢化の進行が先進各国のなかでも早く、若い世代の減少が深刻な課題となっています。年代別の人口構成がいわゆる「逆ピラミッド」になりつつあるなか、娯楽産業も高い年齢層に支持される作品でないとヒットを生み出しにくい社会構造になりつつあるのです。

     ブシロードの木谷高明社長もこの点を指摘し、今ヒットを生み出すには40代くらいの層を取り込むことが大切だと語っています。

    「20代は層が薄いのです。20代と40代の人口を比べると40代が1.4倍です。しかも40代の約4分の1は独身で、20代の2倍以上の金額をエンタメに使っていると言われます。トータルで考えると、20代と40代のマーケットサイズは1対4ということになる」(>>1

     若い世代の人口減少という事態はアニメ産業だけでは解決できない問題であり、現状に対して対応していくしかありません。今のアニメ産業の売上はこうした年齢層に支えられている部分が大きく、お金を出せる人に届くコンテンツを作るという方向になるのは、ある程度必然とも言えます。

     また、企画を立てる側の人たちの変化もあるでしょう。40代くらいになると、社内で意思決定したり企画を動かしたりできるポジションになる人もいるでしょう。今の40代から30代後半の人たちは、90年代の深夜アニメブームを青春時代に体験していますから、当時ハマったアニメやマンガを自分で再び作りたいと考える人がいてもおかしくないでしょう。

    続きはWebで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a8c4784185a097f1d18cc51c5992dddb38f22e6


    スポンサー:
    キャラアニ.com
    オリジナル特典付き商品ならキャラアニ.com


    【【アニメ】なぜ「リメイクアニメ」が増えている? 「知名度があるから有利」だけではない、構造的理由とは [アルストロメリア★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1671141358/

    スポンサー:
    【TSUTAYA online 通販】TSUTAYA店舗で受取りOK!



    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2022/12/16(金) 06:55:58.68 ID:CazWdqBp9
     現在、最新作の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が放送中ですが、定期的にファーストガンダムから見返したくなる往年のファンも少なくないはず。40年以上前にTV放送された作品だけに、最近の作品に比べると絵柄などに古さを感じる人もいるかもしれませんが、視聴するたびにいろいろと考えさせられる傑作です。

     何度も見返していると「アレッ」と思う不思議なシーンもあり、それが狙い通りなのか、それとも何らかのミスなのか判断がつかないことも……。そこで今回は筆者がずっと気になっていたTV版『機動戦士ガンダム』の「謎シーン」について振り返ります。

    ●突然しゃべり出したガンダム
     最初に紹介する疑惑シーンが飛び出したのは、第18話「灼熱のアッザム・リーダー」でのこと。マ・クベとキシリア・ザビが乗るモビルアーマー・アッザムと交戦したアムロ。アッザムが放った特殊兵器「アッザム・リーダー」により、ガンダムの表面部は4000度の高熱にさらされます。

     この絶体絶命のピンチのなか、唐突にガンダムのコクピット内にやけに甲高い機械的な音声が流れ出します。その謎の声は「パイロット及び回路保護のため、全エネルギーの98%を放出中」と伝え、どうやらガンダムに備わっているコンピュータの音声であることが判明します。

     コンピュータの声はパイロットと会話が成立するわけではなく、一方的に状況をアナウンスしただけですが、機体が勝手に全エネルギーの98%も放出したのもビックリ。これにはアムロも「98%? それじゃ動けない!」とツッコんでいました。

     それにしても気になるのは、ガンダムがしゃべったのは後にも先にもこの第18話の1回限りという点。それ以降はアムロがガンダムの音声機能をオフにしたのでしょうか。謎は深まるばかりです。

    ●ビーム・ライフルを弾いたザクレロ
     第32話「強行突破作戦」に登場したのは、開発途中で放棄されたジオン軍の宇宙戦用モビルアーマー・ザクレロ。そのテストパイロットだったデミトリーは上官のトクワンの仇討ちのため、ザクレロを持ち出して勝手に出撃します。

     そのザクレロがハヤトのガンタンクと交戦中、アムロの乗るMAモードのガンダムは遠距離からビーム・ライフルを発射。ビームのエフェクト的に当たったようにも見えましたが、ザクレロは無傷。アムロは「外れたのか?」と怪訝な表情を浮かべます。

     さらにガンダムとザクレロの一騎打ちに突入し、両機のすれ違いざまにガンダムは再度ビーム・ライフルを発射。今度は確実にザクレロに直撃したはずですが、ビームが弾かれたようになぜかノーダメージでした。

     ザクレロがビーム用のバリアでも展開していたのなら理解できますが、Iフィールド・バリアを搭載したのはビグ・ザムが最初のはず。なぜザクレロにビーム・ライフルが効かなかったのか謎に包まれています。

    ●ジオングのコクピットの不思議
     第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」のなかで、シャア・アズナブルはニュータイプ専用機・ジオングに搭乗。このときジオングの胸部にあるコクピットに乗りこむシーンが描かれています。

     そしてガンダムとの激闘の末、第43話「脱出」でジオングは胸部をビーム・ライフルで撃ち抜かれ万事休す。……かと思いきや、胸部にあるコクピットにいたはずのシャアはいつの間にかジオングの頭部にいて、被害を受けた胴体部を切り離して離脱に成功します。

    『ガンダム事典』(講談社刊)によれば、ジオングには頭部と胸部の二箇所コクピットがあるとのこと。ただ、シャアはその胸部コクピットのほうに乗りこんでいたので、アムロに撃たれた瞬間に頭部まで移動するような余裕はなかったように見えます。いつ、どのように頭部のコクピットに移動したのか謎のままです。

     もしかすると合体ロボット作品の主人公機のように、ジオングはコクピットごと移動するような特殊なギミックを備えていたのかもしれませんね。

     作品を見返すたびにいろんな発見があるTVアニメ『機動戦士ガンダム』。このような細かい部分を今さら指摘するのは野暮かもしれませんが、疑問に感じた部分に自分なりの解釈を見出すのも、ガンダムの楽しみ方のひとつと言えるのではないでしょうか。

    マグミクス2022.12.16
    https://magmix.jp/post/126230


    スポンサー:
    キャラアニ.com
    オリジナル特典付き商品ならキャラアニ.com


    【『ガンダム』まさかの作画ミス? 設定が矛盾してそうな「疑惑シーン」3選 [征夷大将軍★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1658921192/

    スポンサー:
    マンガ無料立ち読み



    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2022/07/27(水) 20:26:32.29 ID:2WvNK8P70
    マジで僅差よな


    スポンサー:
    Amebaマンガ


    【【徹底議論】ちいかわvsおんねこ、どちらが面白い?!?!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1656931435/

    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2022/07/04(月) 19:43:55.11 ID:07y0rKZ00
    パワプロ2022のペナントを使います

    【【パワプロ2022】○○9人と○○9人どっちが強いか検証するので案を下さい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1655612049/

    1: 貴腐人ですが、もうすぐ老腐人 2022/06/19(日) 13:14:09.32 ID:AUU+06OL0
    普通につまらん😩

    【何故「パリピ孔明」は大失速したのか?】の続きを読む


    ブログランキング・にほんブログ村へ












    このページのトップヘ